「ゆゆ日記」

障害を持ってたって大丈夫!手が掛かるがかわゆい娘「ゆゆ」の日記です。
TOPおたのしみ ≫ 箱根。

箱根。

4日5日、
友達家族と一緒に箱根へ

心配していたゆゆの風邪も
完璧ではないものの、
そこそこ良くなり
笑顔で出発

ドライブ大好きゆゆちゃん、
嬉しくて
車の中でおにぎりをもりもり
食欲もあり、
おまけに薬も上手に飲めて
好調な滑り出し♪

いつもは外のトイレが苦手だけど
ウキウキで(?)
パーキングの身障者用トイレにも入れた。
(広くてキレイで明るかった!)
色んなことが上手くいくので母も上機嫌
色々心配して、
取り越し苦労だったな~なんて。


箱根には10時前くらいには着いたのだけど
観光地の周りはどこも大渋滞
立ち寄った大涌谷では
混雑してたのでバギーを使用。

この日はとてもいい子で
大人しくバギーに座り
強い風をお顔に受けながらも観光し昼食をとった。
おそばをちゅるちゅる、そして温泉饅頭(?)の
あんこだけをペロリンコ(いつもいいとこどり;)
車で間食もしてたのに
ホントによく食べる

今回は
初めてコテージにお泊り
今までの経験上、
ゆゆが「泊まる場所を気に入ってくれるかどうか」は
旅行の大きなポイント
気に入らなければずっとソワソワして
夜も眠れずに過ごす事になってしまう

でも、ちょっとよい感じ!
最初、ちょっとキョロキョロして
警戒したけどすぐ慣れてくれた

コテージの周りも大ハッスルで散策。
草が生えてて足場が悪いのにじゃんじゃん歩く!

da1d3115d6cff867ef4563ddde82d972.jpg



夕食はバーベキューだったのだけど
これまた落ち着いて座っていてくれて
まぁ・・・ソーセージばっかりを食べてたのだけど
でもおりこうさんでした

問題は離れた場所にある温泉。
ゆゆはお風呂が好きだしがんばって行くしかないよな
日が暮れるととても気温が低くなり
もっと厚い服を持ってくればよかったと反省しながら
バギーで露天風呂へ向った。
バギーだと舗装された道しか通れないので
大回りして10分近く歩く

ゆゆは大きいお風呂に入れると悟り
喜んで中へ入った!
けど、シャワーの数が少なく待つ羽目に
待つのは苦手なのよ~

なんとかなだめて
待って洗ってイザお風呂へ~

お風呂は・・・
大きさは広いけど・・・
めちゃめちゃ熱い
なんとか少しでも暖まって欲しいのだけど
ちょっと足が着くだけでしがみつくほど熱いの
大人だって
ぬるめが好きな人だったら入れない熱さ
(ちなみに母もぬるめが好き

結局、
風呂の淵に腰掛けた母のひざの上で
軽くお湯を体にかける程度しか出来なかった


....コレが
のちの惨事のきっかけだったのかも

体を暖めることの出来ないまま
また寒い山道を10分も歩いてコテージに戻り
部屋でのんびりと。
寝付きの悪いハズのゆゆが
いつの間にやら入眠

ココまでは
今までにない楽しい旅行でした。
ホント、
いつも寝れないしのんびりできないしで
疲れる旅行が多かったから
ゆゆが寝ただけで幸せいっぱい

そして
日頃の寝不足もあり
母も早めに布団にもぐる。
一生懸命寝かしつける手間がなかったので
なんだか気が抜けちゃったな~
なんてホクホク顔


ところがところが・・・!
明け方、
まだ暗いうちに突然ガバッと起き上がるゆゆ!

そして「おえ~~~っ」

・・・・( ̄ω ̄;)!!・・・・


ゆゆが吐く時....それは熱が高い時。
手をおでこに当ててみるとやはりかなり熱い。

その後の予定もあったし、
楽しみにしてるねえねの気持ちも考えたけど、
こんな時の母は決断が早く
荷物をまとめて帰ることを決意

隣のコテージで寝てる友達に別れを告げ
早朝の箱根を後にした


とってもいい感じにコトが運んでたのに
だいどんでんです
でもおかげで渋滞に巻き込まれずに帰れたし
1日、たっぷ~り楽しめたのだから良いか

ゆゆちん、
治り切ってないのに
無理させっちゃってごめんなさい

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL