TOP ≫ CATEGORY ≫ 大きな出来事
CATEGORY ≫ 大きな出来事
       次ページ ≫

ドタバタ バースデー。

う~ん、

今までの中で
一番アンハッピーな誕生日だったかな


誕生日の二日前というタイミングで
人生初の痙攣(発作)を経験


重い障害があるので
てんかんは
きっと身近な病気なのだろうけど・・・
まわりの人の体験談を少々聞いたくらいで
てんかんについて勉強したこともなく


痙攣を起こしても
〔てんかん〕という単語が思い浮かばないくらい
ゆゆには無縁なことだと・・・。



夜、「もう寝ようね」
と明かりを落とし、準備をしてた最中
突然の発作

思い出すだけで胸がバクバクしちゃうくらい
衝撃的な



本当にいつも通りの一日だったのに・・・



心得も無かったので
思わず抱きかかえてしまい

ゆゆの様子や発作の時間も計れず
ダメダメな対応をしてしまいました


救急車が到着した頃には
発作もおさまり呼吸も戻り
深く眠っている状態でした。
呼吸する音が
こんなに安心する音だと思ったのは初めて






その日から10日が経ち
母のココロも落ち着いてきたとこです。

とにかく 「また発作が起きたら」
という不安と恐怖が大きくて
胸のざわざわが消えなかったのだけど

「20歳を過ぎて初めて発作がおきて、
次の発作はまた20年後かもしれないし
すぐかもしれないし、それは分からないコトだから
むやみに心配し過ぎないように」という
先生の言葉で
本当にすーっと楽になりました。


ゆゆの場合
警戒心が強すぎて色々な検査が普通にできないので
既に壁にぶち当たってますが

めげずにトライしてゆこうと思います


何事もなかったように
本人は
とってもとっても元気です

____0000IMG_1889.jpg

誕生日2日遅れで
「一応ね」と、つつましくお祝いしました




スポンサーサイト
大きな出来事 | Comments (0) | Trackbacks (-)

歯科入院・2泊3日。

13日、
外泊で自宅に戻り
本当の入院は16日の午後からで。
ちょうど台風真っ只中
不安でかなり早く家を出たのだけど
思ったほどじゃなくて
早々に到着←これもまた困る


病室に入るなりゆゆは
なにかいい物(LEGO)持ってきてるんでしょ?
って顔で荷物を気にしてて・・・
まだまだ先が長いのに
やすやすと渡すわけにもいかず
必死に隠しました



夕方は
台風一過のキレイな夕焼け
*2




夜の検温では
37.9℃も熱があり・・・
明日の朝も7.5℃以上あると
手術は中止になると言われ

今までの準備が無駄になっちゃうかも
と不安でいっぱいになりながら
ゆゆの夜更かしにお付き合い

眠ったのは4:30くらい

母、ヘトヘトだったけど
朝7時の体温が
36.4℃に下がっていたので
無事治療が出来る!ヨカッタ
母もそこで元気回復。


治療当日は朝から食事抜きなので
水分だけで午後を待ち
いよいよ手術室へ。

三年前の治療の時は
子供用のマスクの麻酔だったのだけど
今回は大人の
点滴の麻酔です。
ゆゆの抵抗するチカラは
とってもとっても強いので
治療より
麻酔がまず大変

治療箇所は
前回より少ないので
時間も短く
2時間半ほどでした。

看護師さんに呼ばれて
手術室にお迎えに行くと・・・
ベッドの上でまだぼんやりとしたゆゆ。
母を見つけると
点滴のついてない方の手を伸ばしてきたので
ぎゅっと握りしめました
よく頑張りました

ゆゆの手を握りながら
先生や看護師さんから
治療結果やゆゆの様子を聞かせてもらいました。
麻酔の時の暴れ具合は三年前よりも弱かったそう
成長してるって言ってもらいました



麻酔が残ってぼんやりしてるうちは
よいのだけど・・・
だんだんハッキリしてきて
やっぱり点滴が気になるゆゆ。

夜10時の抗生剤を入れるまでは
外せないので
ここの時間潰しが1番の心配な点だったのだけど・・・

母がお絵かきをしてあげたら
ずいぶん落ち着いて。
看護師さんが見回りに来ると
点滴を外して欲しくて興奮したけど
それ以外は割りと落ち着いていました
*1
3年前は点滴を外したくて
本当にずーっとぐずってたけど

全然違います


でも
夜通し寝ないとこは
変わらず・・・

長い長い夜でした。
2日目の徹夜は本当にキツかった



退院の朝は
気持ちのいい秋晴れでした
*3
本当に大変な2泊3日だったけど
過ぎてしまえばあっという間。


頑張って挑んでよかった

長持ちさせられるように
歯のお手入れがんばります





大きな出来事 | Comments (0) | Trackbacks (-)

歯科入院。

13日は
歯科の全麻治療の為の入院初日。
連休の為
その日のうちに外泊で家に帰るので
あまり準備も心構えもせず
気軽に病院へ行ったのだけど・・・

歯科の先生・耳鼻科の先生・
麻酔科の先生・・・とそれぞれの打ち合わせをするのに
待ち時間が長く長くあって
結局まる一日
入院病棟に缶詰でした

病棟から出ちゃいけないってことが
全然アタマになくて
なんとかフラフラして時間を潰せるかな
と思っていて、大失敗

ゆゆのことを全く知らない看護師さんに
ゆゆをお願いする勇気がなくて
結局母は
食事もトイレも行かないまま→夕方まで

(モチロンゆゆには
ちゃんと病棟の配膳アリ )

食事の時間以外は
ただひたすら
先生がお話に来るのを待つだけで・・・
ゆゆ、飽きちゃって飽きちゃって

ちゃんとお助けグッズを持って来なかったことを
大後悔

そんな初日でした



大きな出来事 | Comments (0) | Trackbacks (-)

入院2日目:夜~退院。

すっかりゆゆの食欲も戻り・・・
つい数日前の入院で
悪戦苦闘してたのが嘘のような、
そんなまったりな日曜日です

まったりし過ぎて
入院中の出来事が
頭から消えてしまいそうなので
焦って更新いたします



前回
点滴を予定よりずっと早く
抜いてもらったトコまで書きました。

それまで
看護士さんが検温に来る度に
カラダを自由にしてもらえる期待で
目をキラキラさせて、
でも「自由」が叶えて貰えずに怒って・・・
の繰り返しだったので
いざ、腕の固定が取り外される瞬間は
「早く早く」と言わんばかりに
興奮してました


自由って幸せだね~
って親子共々
ホッとしたのも束の間
手が自由になると
違和感たっぷりのお口の中が気になります

油断した隙に
爪で歯をカリカリしたらしく
表面にカバーした素材が
少し剥がれてしまった

もうビックリしちゃって。
そんな簡単に剥がれるものなの????


点滴中は
怒って暴れるのを宥めるのに苦労し、
自由になってからは
歯をいじらないように気をつけることに
苦労し・・・
結局、入院2日目は
一晩中、苦労する羽目になってしまった

朝の先生の回診で
早速ちょっと剥がしてしまった事を報告。
4時間も時間を掛けて
治療して下さった先生にも
なんだか申し訳なくって

でも
普通じゃない子だから
仕方ないんだよね
ずっと親が側で目を光らせてるワケにも
いかないし・・・
治療が無駄になってしまうかも
と思ったらテンションさがりました

取れてしまったトコは
特にもろかったトコのようで
その後は剥がれてしまう事はないけど・・・
でも執拗に剥がそうとすれば
剥がれてしまうこともあると
先生に言われました

でも先生も
私がガッカリしてたからか
「取れても前の歯が出てくるだけだし
大きな心配はない」と
励まして?くれました(苦笑)




お帽子を被って
いざ退院

fcda00ba217954ceb3ec94bff413ca5f.jpg


ニコニコが止まりません


7d7550549f0def798a9a5920040d2d68.jpg

夜、
一睡もしてないのに
車の中でも嬉しくて仕方ない様子。


今までと別人のような
ピカピカの歯なので
余計に笑顔がまぶしいです
8242a162fab63eb896074ab2eb74dc92.jpg

せめて
前歯だけでも
このまま3年くらいは
もって欲しいな~と
切に願う母です




入院2日目:①

治療の当日。
全身麻酔をするので
この日は食事は摂れません。

朝、
寝不足で目が覚めないゆゆに
今日最後の栄養分の牛乳を飲ませる。
牛乳大好きなので
寝ぼけたままでも一気飲み(´~`;)

その後も眠くてウトウトしてたけど
11時以降はお水も飲めなくなるので
起こして200mlほどお水を飲ませました。

眠くて機嫌があまりよくなくて
自傷もあったので
治療の前にあまり機嫌が悪いのも
まずいと思い・・・
最終手段の
新しい「LEGO」の本を手渡す。

42355f3cac1706478d43f4b2505a9a03.jpg


LEGO大好きっ子
これはてき面!!(*>ω<*)

「ひゃ~♪」と声を上げて喜んで
機嫌は一気に回復(*'ー'*)

手術室へは
13時に入る予定で
それまで時間が長かったけど
この本で本当に助かりました。


いよいよ
「その時」が近づき
看護士さんがストレッチャーを廊下に準備。
ゆゆは
ストレッチャーなんて乗ったことないから
きっとナニゴトかと
緊張して暴れるだろうと思ってたけど・・・
若干の抵抗ののち
LEGOの本を胸に抱いたまま大人しく移動。

寝転がったままの移動が
面白かったのか
妙に「うきうき☆ニコニコ」で
廊下→エレベーター→手術室前まで。

可笑しくて思わず私も笑顔。

でもさすがに
ストレッチャーから手術台に移る際には
これはマズイと思ったらしく
暴れだしました(´~`;)

麻酔が効くまで傍にいることになっていたけど
もはや
私がいてもいなくても
どうにもならない程の暴れようだったので
後はお任せで
手術室を後にしました。

麻酔後
まずはお耳の処置をして
その後
じっくりと歯の治療です。

ほとんど原形のないような
ぼろぼろの前歯を重点的に、
そして少し傷んだ奥歯も
全部キレイにしてもらいました。

13時に手術室に入り
麻酔に少々梃子摺ったり、
お耳の処置があったりもしたけど、
歯の治療が済んだのは
19時でした。
予定より30分から1時間
長引きました。
ゆゆも先生も
本当に本当にお疲れ様(´~`;)


手術室にお迎えにゆくと
ベッドにくくり付けられたゆゆは
ぼんやりと目を開いてました。
点滴を抜いたり
暴れたりするので
固定をすることは先生と私で決めたことだけど
やっぱりちょっとしんどそう(´~`;)
でも
この時はまだぼんやりしてたから
よかったんだけど・・・

部屋に戻って少し経つと
それはそれは
カラダを自由にしたくて怒りました(´д`lll)

5分怒って
5分諦めて
5分怒って
の繰り返し。

22時に2度目の抗生剤が
点滴に入れられ
先生の回診はこれでおしまい。
切開や抜歯もしてないので
あまり暴れるようなら
危険なので点滴を外してもいいことに。

結局
白湯や牛乳を飲めるようになり
23時頃には
点滴を抜いてもらいました(´~`;)


~つづく~